飯場 西成 - 「ドヤの一室に切り刻んだ死体を置いとった」大阪・西成の手配師が語った“地獄のような飯場”(文春オンライン)

西成 飯場 飯場

西成 飯場 飯場

西成日雇い情報交換掲示板

西成 飯場 「ドヤの一室に切り刻んだ死体を置いとった」大阪・西成の手配師が語った“地獄のような飯場”(文春オンライン)

西成 飯場 西成日雇い情報交換掲示板

西成 飯場 「ドヤの一室に切り刻んだ死体を置いとった」大阪・西成の手配師が語った“地獄のような飯場”

現実は西成のタコ部屋住まい。自称“東京の証券マン”の悲しい末路

西成 飯場 『ルポ西成』26歳のライターが78日間暮らして見た風景(國友 公司)

西成 飯場 「ドヤの一室に切り刻んだ死体を置いとった」大阪・西成の手配師が語った“地獄のような飯場”

飯場

西成 飯場 「全財産は7円」ギャンブラーへの夢崩れ、生活保護に転落した西成の住人

西成 飯場 『ルポ西成』26歳のライターが78日間暮らして見た風景(國友 公司)

西成 飯場 「一回、腹括ってやってみるしかないんちゃう?」角刈りの2人に案内されて、西成の飯場で働き始めたら…

「15センチ角のガラス片が降ってくる」筑波大卒25歳が西成の飯場で見た壮絶な現場 ショベルの先で首をつまむ現場も…

西成の手配師が語った労働の実態「帰って来れない飯場に出したり…」

著書に『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』(彩図社)。

  • 前は会社勤めをしながら、朝に西成へ来て人を工事現場に斡旋し、そのままやりっぱなしという悪評判だ。

西成日雇い情報交換掲示板

「金は使うためにあるんやろうが!」 宮崎さんはそう叫びながらこめかみの血管を膨らませ、梅田のパチンコ店でひたすらダイヤルを回している。

  • 私は西成の飯場に住み込み、尼崎の現場に土工として派遣され、証券マンと連日一緒に働いていた。

「一回、腹括ってやってみるしかないんちゃう?」角刈りの2人に案内されて、西成の飯場で働き始めたら…

「大内(仮名)言います。

  • 寮は1泊3000円という意味で、これは仕事がなくても引かれる地味に懐に響く金額である。

西成で78日生活してわかったドヤ街のリアル ほとんどの大阪市民が足を踏み入れない魔境

そのような手配師だけだと、この街で働く労働者も幸せなのだが、それとは正反対な手配師が存在しているのも事実だ。

  • マイナスイメージで語られることが多いこの街について、現地で生活しなければ分からない視点で描いたルポルタージュから、一部を抜粋して転載する。

西成で78日生活してわかったドヤ街のリアル ほとんどの大阪市民が足を踏み入れない魔境

いくら警察が指名手配書を持って歩いていても無駄やな。

  • 西成に初めて仕事を探しに来たような人間はみんなそうや。

「ドヤの一室に切り刻んだ死体を置いとった」大阪・西成の手配師が語った“地獄のような飯場”(文春オンライン)

「延長するさ。

  • 1つの会社にとらわれたくないというのが一番の理由やけどな」 大内さんの評判は前もって数人の手配師から聞いていた。




2021 iloli.co