国学院 大学 陸上 部 - 國學院大學陸上競技部 試合結果

部 陸上 国学院 大学 部員紹介

部 陸上 国学院 大学 【大学駅伝】2021年度新入生戦力分析/シード校編 国学院大、東京国際大に初の13分台ランナー(BBM

部 陸上 国学院 大学 部員紹介

部 陸上 国学院 大学 國學院大學陸上競技部 試合結果

部 陸上 国学院 大学 國學院大學陸上競技部(国学院大学)part42

部 陸上 国学院 大学 箱根駅伝常連校となった国学院大学駅伝の知られざる歴史|【SPAIA】スパイア

部 陸上 国学院 大学 國學院大學陸上競技部(国学院大学) Part31

【大学駅伝】2021年度新入生戦力分析/シード校編 国学院大、東京国際大に初の13分台ランナー(BBM Sports)

部 陸上 国学院 大学 【大学駅伝】2021年度新入生戦力分析/シード校編 国学院大、東京国際大に初の13分台ランナー(BBM

部 陸上 国学院 大学 【大学駅伝】2021年度新入生戦力分析/シード校編 国学院大、東京国際大に初の13分台ランナー(BBM

國學院大學陸上競技部 試合結果

部 陸上 国学院 大学 【大学駅伝】2021年度新入生戦力分析/シード校編 国学院大、東京国際大に初の13分台ランナー

【陸上競技部】高い志を持ち、絆と精神的な成長を育む

【陸上競技部】高い志を持ち、絆と精神的な成長を育む

「勉強だけでなく、学校生活があっての部活動です。

  • 国学院大学として初出場した箱根駅伝は、21世紀最初の箱根駅伝。

駒澤大学陸上競技部

自分でがんばろうとしないと、本番で本当の力を発揮することは難しい。

  • U18日本記録保持者の伊藤が早大へ 全日本5位&箱根6位の早大には、2人のトップランナーが入学予定。

國學院大學陸上競技部(国学院大学)part42

濱田 聡 学部・学年 経済学部 3年次生 出身校 興国 出身地 大阪 自己ベスト 800m 2分07秒33 1500m 4分23秒21 3000m 9分35秒23 3000mSC - 5000m 16分45秒60 10000m 35分24秒57 ハーフマラソン 1時間19分27秒• 佐藤は全国高校大会5000mで2位、白井は高校駅伝で2年時に2区区間賞、3年時に7区2位と安定感が高い。

  • 「志の高い生徒たちが集まっています。

箱根駅伝常連校となった国学院大学駅伝の知られざる歴史|【SPAIA】スパイア

増原 薫平 学部・学年 経済学部 3年次生 出身校 鳴門 出身地 徳島 自己ベスト 800m - 1500m 4分23秒55 3000m 9分23秒60 3000mSC - 5000m 15分16秒67 10000m 32分17秒52 ハーフマラソン 1時間09分37秒• 指導者である私たちがやれといっても、実際に走るのは生徒たち。

  • 【2000年の国学院大学】念願の予選会突破!箱根駅伝に初出場! 箱根駅伝に限って言えば、1986年から予選会に出続けてたものの、毎年予選落ちを繰り返していた。

部員紹介

総合成績16位と上位ではないが、予選を勝ち抜き、出場を果たせたということがまず肝要なのである。

  • 14分03秒41の平林清澄(美方高・福井)、14分04秒93の中川雄太(秋田工高・秋田)もいる。

國學院大學陸上競技部(国学院大学) Part31

高村 健太郎 学部・学年 商学部 1年次生 出身校 川西明峰 出身地 兵庫 自己ベスト 800m - 1500m - 3000m - 3000mSC - 5000m - 10000m - ハーフマラソン -• いずれも2年前の箱根駅伝経験者だ。

  • 岩藤 綾汰 学部・学年 商学部 3年次生 出身校 昇陽 出身地 大阪 自己ベスト 800m - 1500m 4分27秒50 3000m - 3000mSC - 5000m 16分30秒04 10000m 35分28秒89 ハーフマラソン 1時間15分57秒• 小原 渉 学部・学年 経済学部 4年次生 出身校 星翔 出身地 大阪 自己ベスト 800m - 1500m 4分15秒71 3000m 9分26秒09 3000mSC - 5000m 15分57秒69 10000m 34分23秒45 ハーフマラソン 1時間15分29秒• 2年時のインターハイと国体、3年時の全国高校大会ですべて入賞しており、大舞台での安定感がある。

箱根駅伝常連校となった国学院大学駅伝の知られざる歴史|【SPAIA】スパイア

文/石井安里 陸上競技マガジン編集部. 金岡 弘尚 学部・学年 商学部 1年次生 出身校 姫路商業 出身地 兵庫 自己ベスト 800m - 1500m - 3000m - 3000mSC - 5000m - 10000m - ハーフマラソン -• 箱根9位で、初めて3年続けてシード権を取った国学院大は、過去最高レベルの補強に成功した。

  • 「指示に従うだけでなく、選手自ら考えながら走る」スタンスを植え付けていった。




2021 iloli.co